DESIGN OFFICE“商業空間的造形集団”
  • KitchenLaboインスタ
  • KitchenLaboフェイスブック
  • KitchenLaboピンタレスト
  • KitchenLabo LINE
  • お問い合わせ

ADVANTAGE OF DESIGN

“デザインの強み・店舗様向け”

“パースによる究極の再現性”

弊社デザイナーが担当物件をデザインしパースを自身で書き起こし、
ディスプレイの提案を自身で作成し、自身で設置し
各所サインのデザインを自身で行い、時にはロゴを自身で作成します。
全て担当者自身が行いますので究極の再現性が実現できます。

プレゼンのパースに限りなく近いイメージの店舗が完成いたしますのでご安心ください。

デザインパース通りに内外装デザイン・サイン・ディスプレイを再現いたしますので、パースプレゼン時にイメージのすり合わせが可能になります。予算調整時の減額内容もパースを見ながら行えますので、クライアント様のイメージとのブレが少なく、ご安心して頂けます。

パースはデータ形式にて最終お渡しいたしますので、ご自由にお使いください。

パースは、最終クライアント様にデータ形式にてお渡しいたします。OPEN告知広告、OPEN告知WEB等メディア媒体にお使いください。アルバイトの募集告知等にもご活用ください。多大な効果があるとご好評いただいております。

“徹底的に無駄をなくす平面レイアウト図”

平面レイアウト図の作成時に、ある程度の厨房レイアウトも、
クライアント様と相談しながら作成しますので、無駄なスペースを極力減らすことが可能です。
お客様にとって、家賃という固定費は大きい支出の一つですので、
スペースを無駄なく使う平面レイアウトを作成するのもデザイナーの重要な役目です。

都心部・高家賃・狭小物件は、無駄なスペースをなくし・さらに2つの用途のスペースも兼ねる。

都心部の物件は稀有であり、見つかっても狭小で高家賃な場合が多いのが事実です。そのような場合でも知恵を絞り無駄なスペースを減らし、アイデアでスペースの利用方法を考え通路とワークスペースを兼ねたりとあらゆることの提案をいたしますのでご安心ください。

比較的坪当たり家賃が安い面積の広い郊外店は、見せ場を作り、ゆとりを持たせます。

店舗の面積にゆとりのある郊外店舗様は、その広さを生かし、劇場型レイアウト等見せ場を作りそのゆとりを無駄なく活用します。あと、宴会用の座敷を作り、平時の営業は締め切って営業を行い、繁忙時には開いて宴会席として用いるのもその活用方法の一つになります。

“工事コストを抑えるために工事入札制度を奨励しています”

工事コストをデザイン面にて抑えるのと同時に、工事入札制度を導入して、
工事店様に競争をしていただき、金額を抑えます。
公平に入札を進めるための多くの図面・資料も作成いたします。

入札参加工事会社様はお客様のお知り合いでも問題ございません。入札は公平に執り行います。

工事入札の際の参加工事会社様なのですが、お客様のお知り合いでも問題ございません。ご入用でございましたら、弊社から入札参加工事会社様のご紹介いたします。

“工事コストを抑えるため・デザインに独創性を
持たせるためにディスプレイを導入しています”

工事コストを抑えるために、我々デザイナーも現場にて飾りつけ等を行います。
高いタイルや高い部材を使うよりも壁面に一枚の絵を飾る方がいい場面もございます。
ちょっとした取り付け物等はお任せください。

デザインにオリジナルの独創性を持たせるためにディスプレイを導入しております。

一点物の絵のようなオリジナルの壁面ペイント、工事では施工できないような細やかな品。弊社ではデザイナー自身が提案、製作、設置までを一通り行うので、デザインにより独創性・一貫性を持たせます。

工事費用を抑えるため・なおかつデザインのクオリティを維持する為にディスプレイを導入しております。

工事費用は店舗開業時に一番割合が高い費用になる金額項目です。それを抑えるためにいろいろな工夫をするのですが、その際にコストパフォーマンスの高いディスプレイが非常に有用です。弊社ではその予算提案も致します。

“工事コストが最終不足した場合でも、出来る限りの減額案を考えます”

最終工事店様より見積もりが上がってきた際、予算金額よりオーバーしている場合がございます。
その際も減額案の作成・工事見積書のチェック・工事金額の交渉を行い、
できうる限りのサポートをさせていただきます。

“設計のご依頼からOPENまでの日程計画を作成いたします”

設計のご依頼からOPENまでの間、クライアント様と長い時間を共有させていたきますので、
その間の日程計画の作成・管理を致します。

“工事中の工事店様へのデザイン監理も致します”

工事中も現場にて定例会を適宜行い、工程の進捗、工事内容、
クライアント様のご希望事項の確認を弊社参加にて行いますのでご安心下さい。

工事中のデザイン監理及び工事予算監理はクライアント様の側に立って行います。

工事中の製作物のクオリティの監理・図面通りできているか、クライアント様のボ要望通り製作されているか、予算の増減等明朗になっているか等の監理をクライアント様の側に立って行います。

“不動産物件取得前の現場確認等事前サポートも致します”

クライアント様が店舗を立ち上げたい不動産物件の契約前に、現場確認等の同行をいたします。
その場にて現場確認を行い、リスクの簡易確認(設備的・わかりうる範囲の法的リスク)をいたします。
あと、リースラインの交渉資料・大家様にご負担をお願いする工事の交渉資料も作成いたします。

不動産物件の問題を事前にできうる限り洗い出し、解決・交渉に必要な資料を作成します。

外部の看板のリースライン・外部のデザイン・建物の穴あけ等、後で問題になりそうな項目を出来る限り洗い出し、その交渉資料を作成します。※専門的なものは工事店様にも協力してもらい作成いたします。